「トロイ」 行き当たりばったり古代戦争


トロイ [DVD]

評価 ★★☆☆☆

喩えるなら 「行き当たりばったり古代戦争」

2004 アメリカ




 「トロイの木馬」で有名なギリシャ神話のトロイア戦争の映画化。主人公はブラッド・ピット演じる勇者アキレス。

 トロイア戦争は神話上では長らく神話上のみの存在と思われていたが、考古学者シュリーマンのトロイア遺跡発見により実在の戦争であることが明らかになった。神話上ではギリシャ神話の神々も参加した超ファンタジーな戦争なのだが、この映画ではファンタジー要素は排除され、実在の人物だけが登場するリアルな戦争として描かれる。

 正直自分には退屈な映画であった。ギリシャ神話を元に大きくアレンジした人間ドラマが見どころのハズなのだが、その人間ドラマがものすごく稚拙なのだ。自分の国が戦争回避で必死で交渉しているさなか、敵の王妃を寝とって連れ帰って大戦争を引き起こしてしまう、トロイ王子パリスのへっぽこっぷりは脱力感満載だ。勇者アキレスも、戦争に義を感じず乗り気でないといい、もったいぶって後半までほとんど活躍らしい活躍をしない。そのくせ身内の一人が殺された途端に俄然やる気になって暴れ始めるし。。 

 古代戦争を大スケールで描いた映像美は美しく、とくに決闘のシーンやエーゲ海を戦艦が埋め尽くすシーンとか圧巻なのだが、その戦争の裏にある肝心のドラマがどうにも薄っぺらい感じでつまらない。大ギリシャの行く末を占う大戦争のはずなのに、キャラクターたちが行き当たりばったりで行動している感じがものすごい違和感だ。かなり長く感じた163分だった。




シュリーマンといえば、幕末の日本に訪れたときに残した手記「シュリーマン旅行記」が面白かった。江戸時代の風俗や町人文化を、外国人の視点から客観的かつリアルに考察しているので、まるで自分自身が江戸時代にタイムスリップしているかのような不思議な気分になれる。
 
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))


0 コメント :

metaphorizer

 いい映画は観るたびに発見があるので、何度観ても楽しめる。 つまらない映画は観たあとにあーでもない、こーでもないと言い合って楽しむ。 映画館に行くよりも、引きこもって家でだらだらDVD観るのが好き。 特にSF、サスペンス、アニメーション。


なんとなく評価基準


★★★★★ 超スゴイ!! 殿堂入り。
★★★★☆ スゴイ! 人に薦めたい作品。
★★★☆☆ まあまあ面白い。また観てもいいかも。
★★☆☆☆ ちょっと残念。もう一度観ることはないかな。
★☆☆☆☆ かなり残念。観なきゃよかった。。