湯葉最強決定戦! スーパーで買える一番うまい湯葉はこれだ!



 湯葉が好きだ。あの、豊かな豆乳の香りと上品なコク、そしてトロトロとした上品な食感。

 なんだけど、普通にスーパーで買える湯葉って、たまに美味しいのもあるんだけど、当たり外れの格差が大きいと思う。全然味がしなかったり、べしょべしょで食感が悪かったり。失敗した時は、次は決してこの湯葉は買うまい! と思うんだけど、ちゃんと記録してないので、何度も同じ失敗を繰り返していた。

 いい加減、ちゃんと比較して記録しておこう。というわけで―


最強湯葉決定戦、ここに開幕!



 さて、思い立ったが吉日、家から自転車でいける範囲の4件のスーパーをぐるりと回り、湯葉を全種類買ってきた。いちおうコンビニにも何件か行ってみたけど、2014年現在、コンビニでは湯葉は買えない様子。ざんねん。湯葉はもっとメジャーな存在になってほしい。


今回出揃った湯葉は4種類! 左から
  • ①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』 ¥265
  • ②むつみ『さしみゆば』 ¥285
  • ③三和豆水庵『手造りお刺身湯葉』 ¥208
  • ④三和豆水庵『北海道産大豆 刺身湯葉』 ¥215

 値段はどれも200円代で、量も値段も極端な違いはない。 
 袋から出すとこの通り。①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』には醤油だれが、②むつみ『さしみゆば』には醤油とワサビ(!)が付いてきた。

 
 さらに皿に並べるとこのとおり。同じ湯葉でも見た目からして結構違う。


三和豆水庵の2つの湯葉に関しては、袋のデザイン以外は包装も全く同じなので、もしかして中身は全く同じもの? と思いきや。。



 裏面をよくみると、産地が違うらしい。かたや北海道。かたや。。カナダ!?

 さて、さっそく順に実食していく。


①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』 

 

 タイプ: 汲み上げ湯葉

 栃木県日光の「タイシ食品」がつくっている会社の湯葉。大豆は北海道産「一番初めに汲み上げた贅沢な生ゆば」というキャッチフレーズに心が踊る。「汲み上げ湯葉」というのは、一つの塊になっているとろりとしたタイプの湯葉である。包丁で一口サイズに切って、付属のたれにつけて食べてみた。

 <味>口にしたとたん、しっかりとした濃厚な豆乳の風味が口の中に広がる。美味い! かなりの満足感! 
 <食感>しっかりとした硬さはあるものの、豆乳が一緒に入っているため、舌触りはまろやかなとろとろとした感じ。醤油だれはほんのり薄味だが、湯葉の味をうまく引き立てていると思う。

 総合評価: ★★★★☆ (けっこう美味い!)


②むつみ『さしみゆば』


 タイプ: 汲み上げ湯葉?

 八王子の「むつみ」という会社がつくっている湯葉。創業大正15年らしい。大豆の産地はわからないが、国産大豆100%使用とのこと。裏面によると、付属の醤油は東京の近藤醸造のキッコーゴ丸大豆醤油。ワサビは伊豆の天城産ものらしい。パッケージがすごく立派な感じなのが期待を煽る。
 こちらも一つの塊になっているタイプなので、「汲み上げ湯葉」の一種と思われるが、豆乳の汁気はまったくなく、完全な個体の湯葉。湯葉と言うより豆腐みたいに見える。こちらも包丁で一口サイズに切って、付属の醤油とワサビにつけて食べてみた。

 <味>ちゃんと豆乳の味がするが、①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』 ほどの濃厚さはない。醤油とワサビは濃厚でかなり美味しいものの、肝心の湯葉そのものがおとなしい味なので、バランスが悪く感じた。

 <食感>トロトロ感はまったくなく、プリンを食べているようなイメージ。湯葉のトロトロ感が好きな自分としてはかなり残念だった。

 総合評価: ★☆☆☆☆ (食感がざんねん)


③三和豆水庵『手造りお刺身湯葉』 


タイプ: 引き上げ湯葉

 茨城県古河市の「三和豆水庵」というおしゃれな名前の会社がつくっている湯葉。キャッチフレーズは「一枚一枚丁寧に汲み上げました」 大豆はまさかのカナダ産! 今回唯一の外国人選手である。こちらは「引き上げ湯葉」といって、薄い膜上の湯葉を何枚も重ねてあるタイプで、切ったりする必要はなし。「わさび醤油でお召し上がりください」とあるので家のワサビと醤油で食べてみた。
 
 <味>薄くてあまり豆乳の味がない。
 <食感>口に入れると心地よく膜がほどけていくような感覚。食感は悪くない。

 総合評価: ★★☆☆☆ (味が物足りない)


④三和豆水庵『北海道産大豆 刺身湯葉』



 タイプ: 引き上げ湯葉 

 こちらも「三和豆水庵」だが、こちらは北海道産の大豆を使用。さてカナダ産の③との違いは…?

 <味>やはり薄い。北海道産を大きく謳っているので、濃厚な味を期待したが、カナダ産の③との違いはよくわからなかった。
 <食感>③と同じ。口に入れると心地よく膜がほどけていくような感覚。食感は悪くない。

 総合評価: ★★☆☆☆ (味が物足りない)


優勝はタイシ『豆乳入り 日光生ゆば』



 さて、まとめると以下のような結果となった。(写真左から)
  • ★★★★☆ ①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』 ¥265 (汲み上げ湯葉)
  • ★☆☆☆☆ ②むつみ『さしみゆば』 ¥285 (汲み上げ湯葉?)
  • ★★☆☆☆ ③三和豆水庵『手造りお刺身湯葉』 ¥208 (引き上げ湯葉)
  • ★★☆☆☆ ④三和豆水庵『北海道産大豆 刺身湯葉』 ¥215 (引き上げ湯葉)
 優勝はダントツで①タイシ『豆乳入り 日光生ゆば』 ! 食感も言うことなしだが、他の湯葉との一番の違いは豆乳の風味の濃厚さであった。今度からスーパーで悩んだらこれを買おう。


 おまけ: 今回は候補にしなかったが、↓こんなのもあった。ちょっとイロモノっぽかったので今回は選ばなかった。




2 件のコメント :

  1. スーパーではないけれど、高島屋とか伊勢丹で買える、比叡とろゆばとかを買うと驚きの美味しさです。
    ご飯にかけて、わさび醤油で湯葉どんぶりにすると驚きの美味しさ。

    返信削除
    返信
    1. 湯葉どんぶり。。ゴクリ。 比叡とろゆば、今後試してみます。いいとこの湯葉、最高ですよね!

      削除

metaphorizer

 いい映画は観るたびに発見があるので、何度観ても楽しめる。 つまらない映画は観たあとにあーでもない、こーでもないと言い合って楽しむ。 映画館に行くよりも、引きこもって家でだらだらDVD観るのが好き。 特にSF、サスペンス、アニメーション。


なんとなく評価基準


★★★★★ 超スゴイ!! 殿堂入り。
★★★★☆ スゴイ! 人に薦めたい作品。
★★★☆☆ まあまあ面白い。また観てもいいかも。
★★☆☆☆ ちょっと残念。もう一度観ることはないかな。
★☆☆☆☆ かなり残念。観なきゃよかった。。